『頭文字D』の藤原拓海は、コップにたっぷり入れた水をこぼさずに、車を運転することができた。

妻の場合は違う。

それは・・・・・・、


 

 

事の始まりはこの私。

レンタルビデオ2本を返却するために、車に乗ろうとしたのだった。

その当時(2004年11月)、息子はまだ小さかった。

だから、チャイルドシートに乗せなければならない。

そのために、ビデオテープを一旦車のルーフ(屋根)に置いたわけだ。

ところが、このことを次の瞬間、うかつにも私は忘れてしまったんだなあ。



ああ悲しいかな。

我が家のマイカーは、レンタルビデオ2本をルーフに乗せたまま、出発してしまったのであった。

運転手は妻。

私はペーパードライバーだったので、まだその時は運転を控えていたのである。

2~3キロも走っただろうか、私は突然思い出した。

ビデオテープの存在を。

思わず汗が噴き出る。



 

 


「ゴメンちょっと車を止めて!!」

「どうしたと?」

「レンタルビデオのテープを車の上に置いたままやった!」

「エーーーーーーッ!」

「ヤバーーーーッ、弁償か?2本でいくらになるやろ?」



車が止まるや否や、降りてルーフを見た。

無い。

そりゃ、あるはずがない。

3キロ近く走っているのだから。

カーブはあるし、信号でも止まった。

ところが・・・・・・、

車の後ろに回ってみると・・・・・・、














な、な、な、なんと、リアワイパーの上にビデオテープがちょこんと2本揃ってあるではないか(車は初代のマツダデミオ)。

ちょうど、ワイパーの上に雪が積もっているように、ビデオテープがリアウインドウに貼り付いていた。

「あったーーーーー!」と言う私の声を聞き、妻も車を降りてその光景を見るなり、

「アハハハハハーー」と笑い出した。

「後ろの車の人はビックリしたろうね、バハハハハハハ」




急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキをしなかった妻の丁寧な運転が、この結果につながったのだろうけれど、ほとんど奇跡に近い出来事であった。

皆さんも、うっかり忘れには気を付けましょう。




By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。