入浴中の女性



その日の夕食はカレーだった。

だから、ぐつぐつと野菜と肉を煮込んでいた妻だったが、途中で、

「風呂入る~♪」

続いて、

「風呂場からピンポーンって鳴らすけん、そしたら、(鍋の)火を止めとって~」

と言う。


もちろん、私は、

「いいよ」

と二つ返事。



その10分後、

ピンポーン♪ピンポーン♪

「ほいきた、ほいきた」

と私は素直に火を止めた。

それなのに・・・・・・・・。

 


ピンポーン♪ピンポーン♪






ピンポーン♪ピンポーン♪ピンポーン♪






ピンポーン♪ピンポーン♪ピンポーン♪ピンポーン♪





ピンポーン♪ピンポーン♪ピンポーン♪ピンポーン♪ピンポーン♪





何回鳴らせば気が済みやがる!!

結局、2階の風呂場に行く羽目になった私であった(当時、住んでいた賃貸は2階にお風呂があったのです)。

ガバッとおもむろに風呂場のドアを開けるや否や、

「止めたって!」



そこにはもちろん妻がいる。

笑っている妻がいる。

ゲラゲラ笑っている妻がいる。

「だって、呼び出しのボタン押しても、下で鳴っとるかどうか分からんちゃもん」

なるほどねー、つまり、完全な企画ミスだったということかい~。



By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA