妻は寝ていた。

リビングのソファで、マグロのように寝ていた。

時は昼過ぎ。

そして、休日。

ということで、娘の友達が一人遊びに来ていた。

夏の真っ盛りということで、子供の部屋ではなく、リビングで遊んでいた。

エアコンをつけていたからだ。

これは娘が7歳のとき。

まあ、リビングでも遊べるね。

だから、妻が寝ていようが、お構いなく遊んでいた。



その1時間半後、ま~だ、妻は寝ていた。

お疲れだね。

それはともかく、娘の友達が増えていた。


その数、計6人。


妻が長いソファを独占しているため、仕方なく床に座って遊んでいた。

そして、電話のベルが鳴る。

妻へだった。

やっと、妻は立ち上がることに(当時はまだ固定電話オンリー)。



















その直後、



娘の友達は



一斉に、



妻が寝ていた



ソファに



移動した。。。






私はこの話を、あとで妻から聞いた。

は、は、恥ずかしい・・・。

いびきはかいてなかっただろうか。

パンツは見えていなかっただろうか。

「○○ちゃんのお父さんは寝とったー」

という話は、子供たちから何度となく聞いたことがあるが、

「○○ちゃんのお母さんが寝とったー」

という話は聞いたことはない。

前代未聞かもしれぬ。

妻は、

「みんな、家に帰って、このことを話したっちゃろねー」

と、アハハハハと笑い飛ばしながら、話していたが・・・。




By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。