走った、走った。

妻は走った。

チャリンコで娘を追いかけた。

学校へと向かっている娘を追いかけた。

娘がお茶を忘れたからだ。

しかし、気付くと小学校に着いていた。

「あれっ?」

と思ったけれど、今日は娘が歩くのが早かったのだろう程度にしか思わず、

たまたま、校門の所にいた娘の担任の先生に渡して、パート先へと向かった妻だった。



そして、その夜、妻は娘に言った。

「今日は、学校へ行くのが早かったねえ。お母さん追いつけんかったよ」

すると、娘はこう言ったのである。





















「お母さんは、私を追い抜いたとよ」


娘は、集団登校しているのだが、いつもより列が長かったので、妻は気付かずに通り過ぎてしまったというわけだった。

妻はゲラゲラ笑いながら、

「もう、声かけてよね~」

と娘に文句を言いながら、私にこの話をしてくれたのであった。



By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA