私の場合、『主回線はガラケーで、副回線がスマホ』という使い方をしています。
スマホなんて嫌いなんですが、時代の流れには逆らうことはできません。
パソコンではダメで、スマホオンリー(あるいはタブレット)というサービスが増えましたし、仕事でも必要になってしまいました。

だから、基本料金0円で使う分だけ前払いで支払うという形のpovoを選択したわけです。
1,000円未満のトッピングもありますから。



そこで、ふと思いました。
これって、子供にスマホを買い与えるときに最適なんじゃないかと。
例えばコレ。


「月に3GBだけ使えるわよ。使い切ったら通信速度が遅くなるから、計画的に使ってね。」
といった感じで。
つまり、一ヶ月の小遣いは990円というのと同じです。

そして、中学生になったら、月20GBにパワーアップとかですね。



とにかく、子供のスマホ使い過ぎはよくありません。
appleの創業者スティーブ・ジョブスは、IT機器の害をよく知っていたから自分の子供にを与えなかったそうですから、間違いありません。
子供が小さいときは、親がしっかり管理しないと。
ただ、これの問題は、子供が自分でもトッピングを買えちゃうということ(笑)。
そこをどうするかは、親子でよく話し合う必要があるかな。

ああ、でもダメだ。
家の中では、Wi-Fiにつなぎ放題ですね。
外での使用は制限できるということで・・・・。


※もし新規にpovo2.0に契約されるなら、紹介コードの欄に『LSRCLF10』と入力してください。そうすると、データボーナス100GB(3日間有効)などの特典が受けられます。




By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。