店の商品を大きな声で「○○○」と言う妻のつづきです。



なかなか選べずにいると、お茶と試食のお菓子を店員さんが出してくれた。

えん餅という、小倉・白・抹茶の3種類のあんこがある餅だった。


「ありがとうございます」

と、即、口に放り込んだのは私。

普段の行動はのろまなくせに、こういうのだけは早いのでした(笑)。

そして、遅れて妻も取ろうとした。

すると、




























「あーーー、黒いの食べたでしょう!!」



また、また、でっかい声で変なことを言いやがった。

店員さんは、黒あんと白あんの2種類を出してくれていたのでした。

当然のごとく、店員さんに聞こえているわけで、

「すみません、同じものをお出しすればよかったですね」

と、笑いながら謝ってた。



いやはや恥ずかしいのを通り越して、大笑いだったヨ。

ということで、この話はこれでおしまい。

あ、そうそう、結局、お土産に買ったのは『夢手箱 化粧箱』というものに。




700円という安さ(当時)。

えっ、お土産にしては安すぎる? いいんです。

どうせ母も祖母もお菓子はろくに食べないんだから。

かといって、手ぶらで帰ると文句を言うから、この程度のを買っていく。

日持ちもするしね。





By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。