〔これは、娘が9才のときの10月の話〕


 

会社から帰ってくると、娘が私に向かって走ってきた。

おお、久しぶりである。

小さい頃は、帰宅した私に飛びついてきたものだったが、大きくなるにつれて絶えていたのだ。

思わずニコニコになる私。

しかし、次の言葉がいけなかった。
































「お父さん、ズボンはいてね」



「はあっ?」



実は、娘の友達が泊まりに来ていたんだね。

10月とはいえ、まだまだ暑かったので、いつも私は家の中では『パンツ&シャツ姿』でいたのだ。

だから、娘は事前に阻止したというわけ。

そうよね、もう、娘も大きい。私の帰りを待ちわびているわけないよなあ。






By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。