〔これは、娘が13才頃の話〕


 


息子は赤ちゃんの頃、皆が思わず振り向くほどの可愛い赤ちゃんだった。

この話をしていると、娘はあることを思い出したようだ。

そして、言った。



「私、注射で一回も泣いたことがないとよ」



これは、真実である。

お医者さんから言われたこともあるのだ。

「この子は強いですねー!」

感嘆してた。

幼児なのに、ムッと構えて絶対に泣かなかった。

ということで、娘はさらに自慢した。




















「最強やろ~♪」




私は笑うしかない。

しかしな~、お前は一応、女の子なんだけど。

自慢する方向を間違えてやしないかい?





その娘の強さは大きくなっても、変わらなかった。

大学に入学したばかりのことである。

マクドナルドでバイトを始めたのだった。

しかし、慣れてないから、あるミスをした。

そのことに対して、お客が激昂したのだ。

激しく理不尽に。

それは、別のお客さんが警察を呼ぶぐらいだった。

さすがに、その場で娘は泣いた。

その一部始終を見て、店長は思ったという。

(この子はもう来ないだろうな)




しかし、翌日もケロッとした顔で、マクドナルドに出社したとさ♪

(この子は強い!)

幼児の頃のお医者さんに続き、マクドナルドの店長をも感嘆させた娘だった。






By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。