〔これは、娘が小学生の時の話〕


 

その日、妻は、小学校へ行っていた。

娘のドッジボールの練習があったからである。

さて、話のメインは、練習が終わってから家に帰るときとなる。

妻は、体育館から家の方向へまっすぐ歩いていった。

そして、小学校の敷地を出ようとしたときである。



あることに気付いた。

ときは、夏休み。

すべての門が開いているわけではなかった。

残念なことに、妻の目の前にある門は施錠されていた。

そして、開いているたった一箇所の門は、全くの逆方向にあった。

猛暑である。

これ以上、汗はかきたくない。

それに、妻は一応女性だから、紫外線を浴びるのも嫌だった。

だから、妻は・・・・・・・、



























校門をよじ登り、飛び降りたんだよーん。



門は、妻の背丈ほどもあった。

そして、妻は40代。

現在より若いとはいえ、「いい年こいたおばさんが、よくやるね」と言いたい。

しかし、着地の瞬間、地球の重力をひしひしと感じたことだろう。

だって、妻の体重は・・・・・・・・・・。




By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。