これは、『もち吉』店内での話。


 


実家へのお土産を買うべく、私と妻は店内を物色していた。

「これ、いいんじゃな~い」

まず、妻の目に留まったのは、煎餅の福袋みたいなヤツ。

定価1,400円の品が1,000円。

しかも、ボリュームたっぷり、一ヶ月ぐらいもつのではないかと思われた。

それに対する私の返事は、

「全然お土産らしくないやん、ダメダメ」

あっさり、却下。

こうして、妻と私のバトルは始まった。



次に、私が候補に選んだものはぬれせんべい。

『秘伝ダレを染み込ませた、独特のぬれせんべい。一度食べたら止められなくなります。』というキャッチフレーズのおいしい煎餅なのだが、妻は、

ぬれ味千 詰替パック しょうゆ味

新品価格
¥1,100から
(2024/3/2 00:11時点)





























「私、これ嫌いやもん!」

でっかい声で言いやがった。

もちろん、店員さんには聞こえているわけで、笑ってた。

それを見た妻は慌てて謝った。

「あっ、すみませ~ん」

「いいんですよ~、人には好みがありますからね~」

店員さんは、にこやかに対応してくれました。

さあ、恥をかいても平気なのがおばさんたる妻だ。

「やっぱり、これがいいんじゃな~い」

再び、福袋を指差した。(画像が無いのが残念です。ホントすごいボリュームで、しかも、袋は買い物袋として使えそうなもの)

あんまりしつこく言うから、

「任せるけん、好きにしたら~」

と、突き放した。



こう言うと、逆に決めきれないのが妻だ。

さあ、困った。

好みが180度違う二人で店に入ったのが失敗だったのである。

いつもは、どちらかが一人で店に入ってお土産を決めているのにね。

さあ、どうなることやら・・・・・・・。



つづく。





By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。