妻は怒っていた。


ATM(現金自動預け払い機)に対して怒っていた。


なぜならば、通帳を受け付けてくれないからだった。


何度入れても、


『モウイチド サイショカラ ヤリナオシテ クダサイ』


無機質な女性の声が、響きわたる。


「もーー、このボロ機械!!」


清楚な妻は、ATMに蹴りを入れた。


後ろで待ってた人に対しては、「オホホ」と愛想笑いを浮かべながら。


そして、大魔神のように顔を豹変させ、目の前の受話器を手にとって、銀行員を呼び出そうとした瞬間だった。


妻はあることに気付いたのだった。


そのあることとは・・・・・・、






















通帳の色が違う、ということだった。


はーーい、違う銀行の通帳を、必死こいて何度もATMに入れてたんですね~。




By M-BOX

洋楽・ONE OK ROCK・坂本龍馬・hondaが好きな、おじさんです。 ハイレゾ音源のAmazon Musicをお気に入りのオーディオで聴きながら、 いろんなことを書いています。